江ノ電好きにオススメ『えのでんタンコロ』&江ノ電に泊まれるキャンプ場 mamalife

最近図書館で借りて息子がハマった絵本。
倉部今日子さん作の『えのでんタンコロ』です。
かつて江ノ電で活躍していた100系が主役の絵本です。


d0367998_12104780.jpg


おじいちゃんと孫のしょうちゃんが江ノ電藤沢駅で電車に乗るところから物語が始まります。
現在の藤沢駅↓
年始にJR藤沢駅から江ノ電藤沢駅に乗り換えたことを思えていた長男は「あーわかった!」と。


d0367998_12101102.jpg


昭和30年頃の藤沢駅↓
「線路が二本ある!!」と長男。


d0367998_12180943.jpg


腰越駅付近に、


d0367998_12181326.jpg


鎌倉高校前駅。
乗り慣れている方だとパッと頭に景色が思い浮かぶのではないかと思います。
地元が近いこともあり江ノ電が大好きな母はこの本を読んでどれだけ乗りに行きたくなったことか。
江ノ電が好きなお子様にはぜひオススメしたい絵本です。
息子たちもこの本を持ちながら江ノ電に乗ったらまた違った楽しみ方ができるのではないかなと思っています(^ ^)


d0367998_12255875.jpg


あとがきにも記載されているように、現在107号が鎌倉海浜公園(由比ヶ浜地区)に保存、108号は極楽寺の車庫に保存されておりイベントなどで時々公開されています。


d0367998_12182479.jpg


また101号、102号を改造した302−352号車は山梨県にあるキャンプ場「ターキーズハウス」でなんとバンガローとして第二の人生を送っているとのこと!
主人を筆頭にキャンプに興味を持ち始めている我が家の男性陣。
いつか遊びに行きたいなと思います🍀


🙇ご覧頂きありがとうございます🙇
🚃応援よろしくお願いいたします🚃
にほんブログ村 鉄道ブログ 親子鉄道ファンへ


by kodomototetsudou | 2018-10-17 18:18 | 鉄道の絵本 | Comments(0)