スーパーあずさE351系が題材の絵本「はしるはしるとっきゅうれっしゃ」

今年の3月のダイヤ改正により引退が予定されているE351系。
高い運転台や振り子式採用による卵型の特徴的なシルエットの影響もあってか、息子たちもすぐに名前を覚えた車両の一つです。
昨年、引退する前に!と乗車はできませんでしたが見に行くことはできました。


d0367998_17391107.jpg


電車の絵本が大好きで、図書館で借りてきては毎日のように読んでいる息子たち。
その中で見つけたのが横溝英一さん作の「はしるはしる とっきゅうれっしゃ」です。


d0367998_17503727.jpg


裏表紙裏に書かれているように、スーパーあずさをもとに書かれています。


d0367998_17504569.jpg


新宿を出発してから終着駅の松本駅までの風景が描かれているこの絵本。
物語は淡々と進んで行くのですが、読んでいるだけで実際に乗車しているような気分になれる素敵な絵本です。


d0367998_17504220.jpg


各ページには鉄道に関する豆知識が書かれており(線路の砂利のことや鉄橋のトラスのことなどなど)、大人も子供と一緒になるほど〜!と楽しむことができます。
鉄道にどっぷりとハマっていて、色々な仕組みまで興味を持っているお子様には特におすすめの一冊です。

またこの絵本は全てパノラマ画面で描かれており、各ページを繋げることができるそうで。
た、楽しそう・・・笑。
いつかやってみたい✨と思っている母です。

作者の横溝英一さんは鉄道の絵本をたくさん書かれているので、鉄道好きのお子様への読み聞かせにぜひ🍀




🙇ご覧頂きありがとうございます🙇
🚃応援よろしくお願いいたします🚃
にほんブログ村 鉄道ブログ 親子鉄道ファンへ 

by kodomototetsudou | 2018-02-17 18:27 | 鉄道の絵本 | Comments(0)